協会について

建築士事務所協会とは
 建築士法にもとづく建築士事務所を会員として、全国47都道府県に設立されている団体(公益法人)です。また、上部組織として各都道府県建築士事務所協会を会員とする(一社)日本建築士事務所協会連合会(日事連)があります。
Page Top

協会の設立目的
 建築設計・工事監理などの業務の進歩改善と建築設計事務所の健全な発展を図り、それによって公共の福祉の増進に寄与します。例えば、住宅金融公庫特定業務も、日事連が業務の拡大と社会的地位向上のための運動を行ってきた成果として創設されたものです。
Page Top

沿革の概要
  昭和36年 前進である「青森県建築設計監理協会」を設立
  昭和41年 全国建築士事務所協会連合会(現・日事連)に入会
  昭和47年 青森県建築士事務所協会に名称を変更
  昭和47年 民法第34条に依る公益法人として認可される
  平成 4年 (社)青森県建築士事務所協会創立30周年記念大会開催
  平成14年 (社)青森県建築士事務所協会創立40周年記念大会開催
  平成17年 (社)青森県建築設計事務所協会に名称を変更
  平成19年 (社)青森県建築士事務所協会に名称を変更
  平成24年 (社)青森県建築士事務所協会創立50周年記念誌刊行
  平成25年 (一社)青森県建築士事務所協会に名称を変更
Page Top

建築士事務所憲章
建築士事務所憲章
建築士事務所は、建築や環境が文化の形成に占める重要な意味を認識し、社会の健全な進歩と発展に寄与します。
誠意をもって設計と監理の業務を遂行し、建築主の期待に応えます。
健康で快適な生活環境の創造と、安全安心、持続可能で良質な資産の形成を図ります。
自己研鑽を怠らず、職業倫理を高め、法令遵守と公益の立場に立って最善を尽します。
設計意図の理解を施工者に求め、公正に工事を監理します。
互いに信頼を深め、連帯の精神をもって職務を全うします。
平成25年4月
一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会
一般社団法人 青森県建築士事務所協会
本会は、本憲章を誓約する建築士事務所を会員とする法廷団体です
Page Top

協会の事業
定款(PDF)
平成29年4月1日~30年3月31日までの主な事業(PDF)
平成29年度各委員会事業計画(PDF)
情報公開 貸借対照表(PDF)
Page Top

協会組織
役員名簿 委員会名簿
会長・副会長・専務理事 総務委員会
理事・監事 技術指導委員会
広報委員会
青森県建築物耐震診断・改修判定委員会設置要綱
木造建築物耐震診断判定委員会
地震災害対策委員会設置規定





Page Top


main

この改行が大事だったりする→
main_box